秋篠宮家画像収集ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年08月10日頃、秋篠宮両殿下、悠仁殿下、滋賀県に私的ご旅行

<<   作成日時 : 2017/08/10 17:15   >>

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 3

リンクフリー、お持ち帰り自由、報告も不要です。
ただし、秋篠宮家を誹謗中傷したり、掲示板やSNS荒らし、商用に使用する事はお断りします。

合間の時間を使って大きな画像を探しています。
ここから持って行った画像で秋篠宮家をSNS等でdisったり、妄想が根拠の持論拡散に使用するのはお断りしています。
このブログは見つけ次第加筆するスタイルです。

記事や画像を差し替える場合がございます。
管理人の都合により記事や画像を加工して掲載しています。
ご了承ください。


 *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***


---産経ニュース様-----
http://www.sankei.com/life/news/170810/lif1708100039-n1.html
2017.8.10 23:21
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、筆作りをご見学
 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは10日、悠仁さまの夏休みを利用した家族旅行で滋賀県高島市を訪れ、日本古来の筆作りを継承する工房「攀桂堂(はんけいどう)」を見学された。江戸時代から続く工房の筆は秋篠宮さまが長年、愛用されている。この日は製作過程の実演を見学、悠仁さまはヤギの毛でできた筆先を触りながら「柔らかい」と興味深そうに話されていた。その後、名前の一部の「仁」の字を半紙に試し書きされたという。同県には数日間、滞在される。

攀桂堂を訪れられた秋篠宮ご夫妻と悠仁さま=10日、滋賀県高島市(代表撮影)
画像


(閲覧注意、抜粋)
http://www.sankei.com/premium/news/170812/prm1708120025-n2.html
2017.8.12 06:00
【皇室ウイークリー】(499)2つの原爆の日、犠牲者ご追悼 悠仁さまが筆で書かれた字は?
 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは10日、悠仁さまの夏休みを利用した私的な家族旅行で滋賀県高島市を訪れ、日本古来の筆作りを継承する工房「攀桂堂(はんけいどう)」を見学された。

 製作過程の実演で、悠仁さまは材料となる馬やヤギの毛を手に取ったり、筆先を触ったりしながら「ここが柔らかい」と興味深そうに話されていた。その後、秋篠宮さまが「文仁」、紀子さまが「子」、悠仁さまは「仁」の字を、それぞれ半紙に試し書きされたという。

 攀桂堂は創業400年を超える老舗。秋篠宮さまは高校時代の昭和58年、友人らと同工房を訪れたことがあり、工房で作られた筆を長年、愛用されている。秋篠宮さまは高松宮妃喜久子さまから生前に有栖川流の書道を伝授され、継承されている。

 ご夫妻は、悠仁さまが日本各地の伝統や文化に触れられるようこれまでも夏休みを利用し、福井や山形、新潟各県をご訪問。今回は、悠仁さまに皇室の文化や琵琶湖周辺の人々の生活を見せたいと計画し、滋賀県内に数日間、滞在されるという。

http://www.sankei.com/premium/photos/170812/prm1708120025-p7.html
日本古来の筆をご覧になる秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さま=10日、滋賀県高島市
画像

---転載終了-------


---時事ドットコム様-----
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081000884&g=soc
悠仁さま、筆作りを見学=滋賀
 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さま(10)=お茶の水女子大付属小5年=は10日、悠仁さまの夏休みを利用した私的な旅行で滋賀県高島市を訪れ、400年以上続く筆工房を見学された。
 「攀桂堂(はんけいどう)」は1615年創業。悠仁さまは、柄の部分に和紙が巻かれている巻筆の製造工程を興味深そうに見学しながら、担当者の説明に耳を傾けた。
 筆に使うヤギの毛に触らせてもらうと、「柔らかい」と言って隣の紀子さまに手渡した。実際に硬さの違う2種類の筆を使って名前の「仁」の字も書いたという。
 攀桂堂は秋篠宮さまが高校時代に訪れ、筆を愛用していることなどから今回の訪問先に選んだ。高島市などに10日から数日間滞在し、琵琶湖の周辺の人々の生活などにも触れる予定。(2017/08/10-16:47)

https://www.jiji.com/jc/p?id=20170810172208-0024695171
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま
筆をご覧になる秋篠宮ご夫妻と悠仁さま=10日午後、滋賀県高島市(代表撮影)【時事通信社】
画像

---転載終了-------


---YOMIURI ONLINE様-----
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170810-OYT1T50083.html
悠仁さまが家族旅行、滋賀で「巻筆」作りを見学
2017年08月10日 19時56分
 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(10)は10日、夏休みの家族旅行で、滋賀県高島市内にある老舗の筆工房「攀桂堂(はんけいどう)」を訪れ、「巻筆(まきふで)」作りを見学された。

 悠仁さまは、第15世藤野雲平さん(67)から説明を受けながら、動物の毛を束ねて和紙を巻いた筆の感触を確かめたり、「仁」と試し書きされたりした。藤野さんの手による雲平筆は、有栖川流の書道を学んだ秋篠宮さまも使われているという。

 ご一家は同県湖西地方に数日間、滞在される予定。

2017年08月10日 19時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
---転載終了-------


---京都新聞様-----
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170810000195
秋篠宮さまら滋賀・高島を訪問 毛筆製作を見学
 秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さま(10)が10日、伝統的な手法で毛筆を製作している滋賀県高島市安曇川町上小川の「攀桂堂(はんけいどう)」を訪問された。同店が作る「雲平(うんぺい)筆」は秋篠宮さまら皇族が愛用しており、悠仁さまは当主らの説明を受けながら製作過程を見学した。

 悠仁さまに皇室の伝統に触れてもらおうと秋篠宮さまが夏休みの旅行として計画した。この日から数日間、湖西に滞在し、琵琶湖周辺の人々の暮らしに触れるという。

 同店は国内で唯一、筆の芯にする毛の根元を和紙で包み込む「巻筆」を作り続けている。これまでも皇族に技術を披露しており、秋篠宮さまも高校2年の時に同店を訪れている。

 ご一家は同店の当主藤野雲平(うんぺい)さん(67)と長男純一さん(34)から筆の材料や工程の説明を受けた。悠仁さまは、櫛で整えられたヤギの毛の筆先を手にして「柔らかい」と感想を話し、興味深そうに見入っていた。その後、毛の種類が異なる筆を実際に手に取り、半紙に「仁」と書いて書き味を確かめたという。

【 2017年08月10日 22時00分 】
---転載終了-------


週刊誌サイト様からの転載です。
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09220559/?photo=1
画像


週刊誌サイト様からの転載です。
http://www.news-postseven.com/archives/20171020_622370.html?IMAGE&PAGE=1
画像



---Getty Images様(大きめ画像)-----
http://www.gettyimages.co.jp/
画像

画像

---転載終了-------



《ニュース動画》

---滋賀 NEWS WEB様(お早めにご覧ください。)-----
http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2065791591.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170810/k10011096161000.html
秋篠宮ご夫妻 筆工房を視察
08月10日 19時11分
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、滋賀県高島市で400年余り続く伝統的な筆づくりの工房を視察されました。
秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、悠仁さまの小学校の夏休みにあわせて、10日から数日間の日程で滋賀県を訪れていて、午後2時半ごろ、高島市の工房に到着されました。
400年余り前の江戸時代から続くこの工房では、国内で唯一、筆の毛の根元の部分を和紙で巻き固める「巻筆」と呼ばれる伝統的な技法で筆を製作しています。
ご夫妻と悠仁さまは、原料として使われているウマやタヌキなどの動物の毛や製作の工程などについて職人から説明を受けられ、悠仁さまは筆を手にとって興味深そうに感触を確かめられていました。
秋篠宮さまは、自らが高校生の時にもこの工房を訪れていて、悠仁さまに伝統文化やびわ湖周辺の人々の生活について学んでもらいたいと、今回の訪問を計画されたということです。
悠仁さまは、このあと2種類の筆を使って、半紙に名前の一部の「仁」の文字を書き、書き味を試されたということです。
---転載終了-------


---日テレNEWS24様-----
(抱き合わせ動画につき、閲覧注意)
http://www.news24.jp/articles/2017/08/10/07369563.html
(略)秋篠宮ご一家 夏休みの静養
2017年8月10日 19:41
(略)秋篠宮ご一家は、それぞれ夏休みの静養に入られた。

(略)

 一方、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、滋賀県高島市「攀桂堂」を訪れ、秋篠宮さまが高校生の時にも見たという伝統の筆づくりをご覧になった。悠仁さまは、「巻筆」を作る工程について手に取りながら熱心に説明を聞き、一番柔らかいというヤギの毛を触って確かめた後、紀子さまに「これが柔らかい」と話しかけていた。

(抱き合わせでない動画)
http://www.news24.jp/articles/2017/08/10/07369584.html
悠仁さま、伝統の筆づくりをご覧に 滋賀
2017年8月10日 22:53
 秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが滋賀県を訪れ、伝統の筆づくりをご覧になった。

 秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは10日、滋賀県高島市を訪れ、400年以上続く伝統の「巻筆」づくりをご覧になった。正座をした悠仁さまは、道具や筆を手に取りながら熱心に説明を聞き、一番柔らかいというヤギの毛を触って確かめた後、紀子さまに「これが柔らかい」と話しかけていた。

 ここ「攀桂堂」は、秋篠宮さまが高校生の時にも訪れ、今も筆を使用されているという。

 宮内庁によると、今回の訪問は、悠仁さまの夏休みを利用して、皇室にゆかりのある文化と、琵琶湖周辺の人々の生活を学ぶために計画されたもので、ご一家は、数日間、湖西地方に滞在されるという。
---転載終了-------


---TBS NEWS様-----
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3127459.html
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、滋賀県で伝統的な筆作りを見学
 秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまが、夏休みの旅行で滋賀県を訪れ、伝統的な筆作りを見学されました。
 見学されたのは滋賀県高島市の「攀桂堂 雲平筆」というおよそ400年前に創業した工房です。 悠仁さまは、筆に使われる動物の毛や筆の作り方などについて説明を受けられました。悠仁さまはヤギの毛で出来た筆を触りながら、紀子さまに「これは柔らかい」などと感想を述べられていました。
 この工房には1983年、秋篠宮さまが学習院高等科2年の時にも訪問されています。秋篠宮さまは、ここで作られている筆を歌会始などで使われているということです。
---転載終了-------


---FNN様-----
(抱き合わせ動画につき、閲覧注意)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00366946.html
(略)悠仁さま 夏の思い出づくり
08/10 20:16
(略)秋篠宮家の長男・悠仁さま、10歳。夏休みを過ごすお2人の表情が入ってきた。
(略)
そして、秋篠宮ご夫妻と長男・悠仁さまは10日、滋賀県をご訪問。
江戸時代から作り続けられている、雲平筆(うんぺいふで)の制作を見学された。
使われているヤギの毛を触り、「やわらかい」と感想を述べられた悠仁さま。
その後も、職人の手元を、熱心にご覧になっていた。
この筆は、秋篠宮さまが継承されている、有栖川流の書道で使われているもの。
1983年、当時、高校生だった秋篠宮さまは、ここを見学されていた。
攀桂堂(はんけいどう)15代目の藤野雲平さん(67)は「悠仁さまは、『お父さんの若い時だ』と、写真を見ていただいていました」と話した。
悠仁さまは見学のあと、試し書きにも挑戦。
お名前の「仁」という文字を、2種類の筆で書いたあと、「筆によって違いがある。硬い方がいい」と話されたという。
これまでも、夏休みのたびに、さまざまな体験をされてきた悠仁さま。
4年前、悠仁さま6歳の夏には、福井県にある恐竜博物館で、恐竜の骨格標本の組み立てに挑戦。
また、2015年は、山形県をご訪問。
そこで和太鼓の手ほどきを受け、実演された秋篠宮さまに対して、「違うよ、そうじゃないよ」と話したり、周囲からの拍手に、少し恥ずかしそうな笑顔を浮かべられていた。
夏休みのたびに、各地の文化に触れてきた悠仁さま。
2017年も、充実した夏休みを送られている様子だった。
(キャプ)
画像

画像

画像





(抱き合わせでない動画)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00366962.html
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、筆づくりご覧に
08/10 23:05
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、夏休みを利用して、滋賀・高島市を訪れ、皇室ともゆかりのある伝統的な筆づくりをご覧になった。
秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは、10日午後、高島市安曇川町にある筆づくりの老舗「攀桂堂(はんけいどう)」を訪問された。
筆の芯の部分を和紙で巻き固める伝統の技が、およそ400年にわたり受け継がれてきた「雲平筆(うんぺいふで)」は、有栖川宮家など皇室に納められていて、秋篠宮さまも1983年、高校時代に訪問されている。
悠仁さまは、製作中の筆の毛を触りながら、「柔らかいですね」などと話し、熱心に筆づくりをご覧になっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00016469-houdouk-soci
画像

---転載終了-------


---テレ朝News様(抱き合わせ動画につき、閲覧注意)-----
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107450.html
https://www.youtube.com/watch?v=ZHWnroBkOI0
(略)夏休み 悠仁さまは筆づくりを見学(2017/08/10 18:04)
(略)悠仁さまも、ご家族で夏休みを過ごされています。

 (略)また、秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは滋賀県高島市を訪れ、巻筆と呼ばれる伝統の筆づくりを見学されました。悠仁さまはヤギの毛を使った筆を手に取り、「柔らかい」と紀子さまに話し掛けるなど興味深そうに説明に耳を傾けられていました。
(キャプ)
画像

画像

---転載終了-------


---テレビ東京様-----
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_138256
悠仁さま 夏休みの社会科見学
8月10日(木)
秋篠宮さまご夫婦と長男の悠仁さまは、夏休みを過ごすため滋賀県を訪問し、皇室にゆかりのある筆の製造工程をご覧になりました。 筆の毛を和紙で巻く作業を見学した悠仁さまは、実際に筆を手に取り「これは柔らかいですね」と興味深そうにご覧になっていました。
---転載終了-------

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 66
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
報道の少ない悠仁様、伸び伸びと穏やかなご成長ぶりが拝見でき安堵しました。
両殿下が心を込めてお育てされていることもこのご旅行で分かります。
掲載、感謝です。
芳子
2017/08/11 05:58
両殿下と悠仁様いい親子ですね。
いつも御一家の笑顔みてると元気でます。
湖西滞在ってこのあとどこへ向かわれるのでしょうね?
毎回ブログ画像の投稿ありがとうございます。
Sin
2017/08/12 06:29
学生の頃から、日本の文化を知ろうと努めて来られた両殿下。
御家族の仲も、御互いに良い御関係だと伝わってきます。私達の模範でいらっしゃいます。
写真は嘘をつきません(ことさら派手に仰々しく喧伝している『抱き合わせ』注意!!)。高貴な品性をお持ちの御家族の御姿を拝見出来て、幸せです。御写真どうもありがとうございました。
はとバス
2017/08/16 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年08月10日頃、秋篠宮両殿下、悠仁殿下、滋賀県に私的ご旅行 秋篠宮家画像収集ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる